テレビやCMで話題のミラブル【お得な特典付き】詳しく見る→

アラフォーから始まる髪の悩みと対処法

悩み1:ボリュームの無いペタンコ髪

若い頃はふんわりボリューム感のある髪だったのに、今は小さくしぼんでしまった…。

髪のしぼみは、40代前半から多くなる悩みのひとつです。

なぜ若い頃は髪にボリュームがあるのでしょう。

それは、髪にハリとコシがあるからです。

 

髪のハリとは、引っ張ったときに千切れない強さのこと。

髪のコシは、曲げたときに元に戻ろうとする弾力のことです。

強度と弾力のある髪はふんわり立ち上がり、ボリューム感が出ます。

しかしハリとコシは年齢を重ねるごとに衰えていくため、年々ボリュームが無くなっていくのです。

 

衰えたハリとコシを蘇らせるためには、サプリメントが適しています。

特におすすめなのが、ハリ・コシ・ボリュームケアの「ヘアドルーチェ」。

髪にハリ・コシを与え、美容だけではなく内側から健康をサポートします。



悩み2:ポツポツ現れる白髪

髪の生え際やコメカミに見られる白髪。

白髪は早くて30代、遅くても40代から生え始めると言われています。

老けてみられるため悩みのタネですが、なぜ白髪は生えてくるのでしょうか。

それは、加齢によるメラノサイト(色素形成細胞)の機能低下が原因です。

メラノサイトは毛髪に色を付ける役割を担っています。

日本人なら黒や茶色などですね。

しかし加齢やストレス、不規則な生活が続くとメラノサイトは壊されてしまいます。

機能低下したメラノサイトからは色が付いていない毛髪が生え、それが光に反射して白髪になるのです。

白髪が気になりはじめたら、頭皮に栄養を送るスカルプケアが良いでしょう。

特におすすめなのが、スカルプ美容液「天使のおまもり」。

白髪や抜け毛、乾燥などの悩みを持つ大人女性に適したヘアケアです。



悩み3:目立つパックリ分け目

左右にパックリ開いた分け目の悩みは、40代前半から後半にかけて多く聞かれます。

目立つ分け目は、加齢による抜け毛が原因です。

ハリがなくなると髪を梳かす、ゴムで結ぶ、髪を掻くなどささいなダメージで髪は抜けてしまいます。

同じヘアスタイルを続けることも、髪にとって良くありません。

抜け毛が続くと薄毛になり、分け目が目立ってくるというわけです。

抜け毛を止めるには、髪のハリを回復してあげることが一番です。

「ヘアドルーチェ」などのサプリメントで補うのも良いでしょう。

「天使のおまもり」などのスカルプ美容液で頭皮から栄養を与えても良いですね。

そして髪のダメージになることは控え、大切に扱っていくことが美髪への第一歩になるでしょう。







無添加育毛オールインワンサプリ[マイナチュレ]